TOPICS

企業・キャンパス見学(1年生)

 5月24日(水)、1年生241名が「産業社会と人間」の授業の一環として、クラスごとに「企業・キャンパス見学」へ出かけました。企業は、愛知県赤十字血液センター、三菱電機、花王、富士特殊紙業、アイシンAW、イビデンにご協力いただきました。また、見学させていただいた大学は、中部大学、名城大学、愛知県立芸術大学、愛知淑徳大学、日本福祉大学、中京大学です(企業、大学とも訪問したクラス順)。 企業見学では、身の回りにある物はすべて「誰か」が、作っていることや、何気なく使っているものであっても、「より良い商品にするため」に、本当に細かい所まで気を配って作られていることを学びました。企業の方の、製品に対する責任感と誇りがひしひしと伝わってきて、「働く」とはどういうことかを考えるきっかけとなりました。キャンパス見学では、訪問先の大学の方が熱意を込めて各学部を紹介してくださり、東高の卒業生が質問に答えてくれる時間を設定してくださった大学もありました。それらの説明を通して、進学して学ぶことの大切さやその意味をより深く理解することができました。 どちらの訪問も、将来の進路を考える上で重要な学びとなり、プラン選択や科目選択の参考になりました。

≪ TOPICS一覧へ