TOPICS

平成29年度 総合発表会

  2月14日(水)総合発表会を、本校体育館にて開催しました。4人の3年生が司会を務め、幕間を活用しながらなごやかに進められました。発表会は保育プランの演劇で幕をあけ、「〜みんなちがってみんないい〜」という個性の大切さを演劇を通して伝え、会場内の人々に感動を呼び起こしました。1年生『「産業社会と人間』の取組と「ライフプラン」を発表し、夢の実現に向けての個性あふれる内容が印象的でした。2年生は台湾修学旅行の学びである異文化交流の大切さについて、事前事後に調査したアンケートに基づいて発表をしました。3年生は将来の進路に関する課題研究と模擬面接を取り上げ、後輩のモデルとなる立派な発表を行いました。昼の休憩時には、調理・栄養プラン考案の里芋コロッケをおいしく味わってもらい、メディアホールにおいては美術プラン3年生の解説付きで卒業制作を鑑賞していただきました。午後からは、福祉、ビジネス、調理・栄養、看護、外国語プランが、プランならではの日頃の学習成果を、演劇や実演を通して発表しました。また、ユネスコスクールとしてのESD活動報告を地域連携教育・環境教育・国際理解教育の項目ごとに発表しました。音楽プランの演奏と歌声は聴く人に感動を与え、服飾プランによるファッションショーで華やかに幕を閉じました。今年度は、プランの3年生全員参加の舞台発表が多く、どのプランも学習の様子を理解してもらうための工夫に富んだ内容でした。 生徒が自ら企画、演出した発表が多く、総合学科の多様で独自性のある教育活動と学習内容を全校生徒で共有することができました。

≪ TOPICS一覧へ