TOPICS

オーストラリア姉妹校交流

 9月10日(土)から19日(月)の10日間の日程で、オーストラリアのパスコベール女子校から12名の生徒と2名の先生をお迎えしました。  10日(土)にホストファミリーと対面して交流が始まり、月曜日から学校での活動をスタートさせました。初日はオリエンテーションとスクールツアー、歓迎昼食会が行なわれ、火曜日の歓迎式典では、吹奏楽部が歓迎のメッセージを込めて「海を越えた握手」を披露しました。火曜日からは授業にも参加し、発展英語(2年生外国語プラン)や実践英語(3年生外国語プラン)の授業では、オーストラリアの自然環境や学校生活についてプレゼンテーションをしてくれました。1年生の音楽Tではギター演奏に挑戦し、調理(3年生調理・栄養プラン)の授業では鯖の骨抜きやだし巻き卵作りに苦戦しながらも、おかずがたくさん詰まったお弁当を完成させました。子ども文化(3年生保育プラン)では、初めて福笑いにもチャレンジしました。また、授業後はIFC部や書道部などの部活動に参加しました。  課外活動として、ホストシスターとトヨタ鞍ヶ池記念館とトヨタ会館を見学し、機織り機の作動実演やパートナーロボットの演奏を見たり、トヨタ自動車の歴史について学びました。また豊田市民芸館では藍染め体験をして、お土産として持ち帰るなど豊田市や日本の文化に触れる課外活動を満喫しました。17日(土)にはホストファミリーとの京都観光で清水寺や嵐山を訪れたり、太秦映画村で時代劇の世界観を楽しんだりしました。  パスコベール女子校との交流は24年目を迎えており、3年前からは文通交流も始まっています。来年度は豊田東高校がパスコベール女子校を訪問する予定です。

≪ TOPICS一覧へ