TOPICS

「獣害を考えよう!」特別授業

本校は、「環境教育」、「国際理解教育」、「地域連携教育」を3本の柱としてESD(持続可能な開発のための教育)に取り組んでいます。「環境教育」の一環として希望生徒を対象に、8月19日(金)、イノシシなどの獣害に悩まされている小原地区に出かけ、獣害を考えるワークショップを実施しました。実際に田畑の調査をした後、グループで気付いたことやイノシシの侵入を防ぐ方法を話し合い、農家の方に提案しました。しかし、実施には費用面などの問題があるという意見をいただき、農業を営むことの難しさを強く感じたようです。

≪ TOPICS一覧へ